FC2ブログ

matrishkaの日記

毎日の出来事や思ったこと

先日のサッカー、日本対韓国戦で韓国の選手が得点を入れた後、日本人を侮辱する意味で猿のまねをして問題になっているニュースを読みました。韓国でも「猿まね」が賛否両論だそうです。


が、そもそもなぜ猿なのか。
なぜ侮蔑される際に猿が引き合いに出されるのか、ひっかかりました。猿は人間が退行したような動物と思っている人が多いのかもしれないけど、ダーウィンが正しければ人間の先祖なのにって。

小学1、2年生の頃に家族でどこかの猿公園に家族で日帰り旅行しました。
まわりにいる猿たちを見ながらキョロキョロ歩いていると、手に持っていたアイスクリームを一瞬のうちに一匹の猿にとられました。みんなに笑われて恥ずかしいと同時に、その素早さにトロい私は羨望の念を抱いたものです。
動物園で猿を見るのも好きでした。なんせ動きがあります、躍動感が。プロゴルファー猿の真似をして一人称が「わい」の時もありました。馬鹿にしてるふうに聞こえるかもしれないけど、「えてこう」というのも実は愛着を持って使われることが多い言葉だと思います。

しかも猿は霊長類という厳かな響きのある類に属しています。猿を馬鹿にするのは失礼じゃないかと思えてきます。ニホンザルが温泉につかってる姿を拝みたくなってきました。

スポンサーサイト



テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記