FC2ブログ

matrishkaの日記

毎日の出来事や思ったこと

いつもケーキやらチョコレートやら甘いものが大好きです。

ところが最近では果物にプレーンヨーグルトが大好きです。蜂蜜をたらして美味しくいただいてもいます。日も長くなり、気温も上がってきたからかなあと思っていたら、今度は牛乳よりも豆乳を選んでいる自分に気付きました。

えらく食べ物の嗜好が変わってきてるなあと不思議ですが、健康な方に向いているようなのでそれは嬉しいことです。

なんて、その間に棒ラーメンを食べていたわけですが… 
スポンサーサイト



王子の結婚式も終わり、お祭りムードが終わるかなとホッとしています。
日本の放送では、アートネイチャーがスポンサーとして間にコマーシャルが流れていたと聞きました。それは少し見たかったです。

テレビ中継を見ていた人々はケイトさんを「ファンタスティック」「ビューティフル」「ゴージャス」、結婚式の感想を聞きながら、「日本での物や感情の表現の仕方が違うなあ、イギリス人もアメリカ人に比べたら静かやと思うけど、表に出すときはやっぱり出るんやなあ、英語の高低のリズムでだいぶ表れやすくなるなあ…」と勉強にもなりました。やっぱり自分は日本人だなという再確認にもなりました。

…と書いていると、階下で合唱パーティーが行われていて、叫び声のような歌声が聞こえてきます。騒ぎはもう少し続きそうです。
日本から友人がロンドンに来ているので、観光に行ってきました。

ビッグベンやウェストミンスター寺院やバッキンガム宮殿のあたりは、道路沿いに柵が設けられていました。
ウェストミンスター寺院の前には29日の結婚式一目見ようとテントを張っている人達が各国からの報道陣に取材を受けていたり、バッキンガム宮殿の前には臨時の放送ブースが建てられていました。観光客もユニオンジャックの旗やカバンをお土産物屋で買っていたり、お祭りムードが漂っていました。

その中に、同じくお祭りムードにもなれず取り残された感というよりも、逆に孤独な感じがしました。おめでたいことは事実ですが、その裏のなにかどんよりと重いものを感じていました。それとお祭りムードの妙な軽さもありました。良いお天気で外を歩くにも気持ちの良い日で、友人とも楽しい時をすごしましたが、空気に居心地の悪さを感じました。自分のいる所じゃないなと強く思いました。楽しかったけれど、むず痒い日でした。
今日の仕事は早番だったので、家に帰って着替えて近所の公園に行きました。

ちょっとした夏日とイースター休日のおかげで道行く人、散歩している人、みんな楽しげです。
公園に入ると、ポジティブな感じの空気が漂っていました。少し疲れてきたし公園を1周して帰ろうかなと思いましたが、楽しげな空気に誘われてもう1周歩くことにしました。いやあ、やっぱりもう1周してよかったなあと思い、光合成をしながら歩くような感覚がしました。光を体に浴びて、体の中にも何かよいものを作っているような、細胞がイキイキするような…勝手にそんなイメージをしていました。光合成しながら、お天道様を拝む気持ちもすんなりわかるような気がしました。お日様がいないともちろん真っ暗で、生きるものには必要なのもそうですが、人を明るくする役目も大きいんやなあとしみじみと思います。逆に落ちこんでいた時には太陽がまぶしすぎると感じていたことを思い出しました。

公園から帰り、急に睡魔が襲いました。足も疲れているけど、充足感のある幸せな疲れで気持ちよかったです。

通勤時にあるお店のショーウィンドウで見つけたものです。
小さいトイレは高さ30cmもないぐらいの大きさです。

IMG_0263.jpg


少し見えにくいですが「Mini we pans. Great for a sweet pee!」と書かれてあります。意味はちょっと謎なのですが、韻を踏んでいるような。weってwee(=小さい)ってことかなあ。Sweet peeはスウィートピーとかけてあるのは確かです。
一瞬子供用トイレ?と思っても便座はついていないし、つきそうにもないし、Sweet peeのくだりで、これはもしやお花用の鉢かいな…とやっと気付きました。トイレの前でうーんとつっ立っていました。20ポンドだそうです。これから、この小さなトイレが減っていくかどうかも気にしながら通勤したいと思います。