FC2ブログ

matrishkaの日記

毎日の出来事や思ったこと

立ち往生特急、窓越しに「除雪ありがとう」

1月末に北陸地方を襲った大雪のため福井県内で立ち往生した、富山発大阪行き特急「サンダーバード40号」の
乗客の女の子から、除雪中のJRの鉄道マンに、窓越しにお礼の手紙が向けられていた。

 心温まるメッセージに、凍える寒さの中で除雪作業にあたった社員たちは感激したという。

 特急は1月30日午後5時12分、富山駅を出発し、同8時37分に大阪駅着予定だったが、大雪で、30日午後9時11分に今庄駅(福井県南越前町)で立ち往生。大阪には約32時間遅れの1日午前4時32分に到着した。

 31日夕、今庄駅に応援で派遣されたJR西日本金沢支社・運用車両課の長沢篤志さん(38)は、辺りを真っ白に埋め尽くした雪に「正直、電車が出られるのか」とぼう然としたという。除雪を始めて数時間後、背後で「ドンドン」という音がして、長沢さんが振り返ると、小学生ぐらいの女の子が窓越しに、「がんばってくれてありがとう☆ おしごとがんばってください☆ ☆みんなより☆」と書いたA4判の手紙を向けていた。女の子は、にこっとほほ笑み、長沢さんも思わず笑顔を返したという。
(2011年2月5日12時55分 読売新聞)



電車の中に閉じ込められてイライラされた方もいたとは思いますが、寒い中除雪作業をされている方への感謝の気持ちが☆印にもこめられている気がします。
自分がもし作業してる立場であれば、その手紙を見たら、この仕事をしててよかったと思うことだろうなあ。


と、思い出しました。違う話ではありますが。

夜遅く仕事から帰って部屋のドアをそーっと開くと…

P1000971.jpg

大家さんの娘さんから手紙が一通(名前はヒミツにさせていただきました)
これはうれしかったです。ほのぼの~としました。顔の筋肉が一気にゆるみました。

この紙は、ちょっと前に紙皿で投げ輪ゲームの輪をつくった時の余りの紙です。アイデア再利用だなあ。ニクいなあとさらに顔の筋肉がゆるみっぱなしです。

最近一緒にあそぶ時間が少なくなってごめんね、お手紙ありがとう!

スポンサーサイト



テーマ:日記 - ジャンル:日記
先日のサッカー、日本対韓国戦で韓国の選手が得点を入れた後、日本人を侮辱する意味で猿のまねをして問題になっているニュースを読みました。韓国でも「猿まね」が賛否両論だそうです。


が、そもそもなぜ猿なのか。
なぜ侮蔑される際に猿が引き合いに出されるのか、ひっかかりました。猿は人間が退行したような動物と思っている人が多いのかもしれないけど、ダーウィンが正しければ人間の先祖なのにって。

小学1、2年生の頃に家族でどこかの猿公園に家族で日帰り旅行しました。
まわりにいる猿たちを見ながらキョロキョロ歩いていると、手に持っていたアイスクリームを一瞬のうちに一匹の猿にとられました。みんなに笑われて恥ずかしいと同時に、その素早さにトロい私は羨望の念を抱いたものです。
動物園で猿を見るのも好きでした。なんせ動きがあります、躍動感が。プロゴルファー猿の真似をして一人称が「わい」の時もありました。馬鹿にしてるふうに聞こえるかもしれないけど、「えてこう」というのも実は愛着を持って使われることが多い言葉だと思います。

しかも猿は霊長類という厳かな響きのある類に属しています。猿を馬鹿にするのは失礼じゃないかと思えてきます。ニホンザルが温泉につかってる姿を拝みたくなってきました。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記
私は大家さん一家と同居しています。大家さんのマンションの一部屋を借りて住まわせていただいています。

大家さん一家は

大家さん:デンマーク国籍でレバノン出身
大家さんの旦那様:英国国籍でアルジェリア出身
大家さんの娘さん:ロンドンで生まれ育った5歳

という構成です。普段はアラビア語、フランス語、英語が飛び交います。

娘さんは5歳ですが既に「学校」に通っていて、毎日新しいことを吸収してくる模様。
話をしていたら、1年前に比べるとものすごく大人になった気がします。

大家さんから学校で体の仕組み、消化するシステムを習っていて、大腸や小腸という言葉も習ったと聞いた時にはびっくりしました。液体や固体という言葉も知っています。

ほとんど覚えていないけど、私が5歳の時そんなこと習わんかったやろうなあ。5歳といえば魚貝の図鑑(特に深海魚類)に夢中だった頃かなあ…と幼稚園時代を思い出しました。
5歳の頃にいっぱい学んだことはあったけど、道中忘れてきたことも多いのかもしれません。


テーマ:日記 - ジャンル:日記
美しい月を見ました。

朝7時前、いつもの道を歩いていると右手の向こうに掴めるんじゃないかというぐらい大きく丸い月が、オレンジがかった黄色い光を放っていました。夢を見ているようでした。満月一歩手前でしたが、光の色といい大きさといい生まれて初めて見たお月様でした。

お月様と自分が別世界に存在してるけど、同時にこの世界にも存在しているような不思議な感覚を楽しみながら、車にひかれないように、人にぶつからないように25分間空を眺めながら歩きました。幹線道路を走る車の向こうに見えるその姿、門が開いたばかりの公園の向こうに見えるその姿、ただひたすら幻想的でした。

これを書きながら写真を撮っておけばよかったと思うけれども、まぶたの裏側に焼き付いています。

その数時間後、日本では満月を仰いだ方々がその素晴らしさを語っていました。時間も空間も超えたものでみんな繋がっているような、これまた不思議な感覚が。


さて今宵は満月が見れるかしら?と先ほど外に出てマンションの周りを徘徊しましたが、雲に覆われ何も見えず。そいでも、雲の向こうにお月様はおられるんよね?と。

何だかよくわからないけど、お月様がすごいパワーを持っていることはあんぽんたんな私にもよくわかりました。
お月様、どうもありがとうございます。
テーマ:日記 - ジャンル:日記
玉蔵さんのMOMOに登録しようと思ったら、日本の携帯アドレスが必要で挫折。
本人確認のために必要なのですね。

「樹液不思議シート」も気になっていましたが… 
テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記